外国為替手数料は、海外に送金する時や、日本円を外貨に変える時に発生する手数料です。比較をして外国為替手数料を確認することで、利用する金融機関を探せます。外国為替手数料とは円を外貨に両替したときに支払わなければならない手数料のことです。実質的に銀行の収益として外国為替手数料が払われますが、具体的な金額については金融機関によって差があります。



外国為替手数料が少ない銀行から海外への送金をした方が、金額が数十万円以上であればお得な手続きができます。1円の手数料が、銀行や郵便局でドルを取引する時にかかる金額です。様々な銀行と手数料を比較してみるといいでしょう。82万円の日本円をアメリカドルに変えたい場合、手数料を入れて83万円かかります。



基本的には、ネットバンキングの方が、実店舗のある銀行より手数料は低めです。豪ドル、ニュージーランドドル、ポンドを日本円から交換する時の手数料は、銀行によって異なっています。一般の都市銀行では、米ドルと比較すると外国為替手数料も送金手数料も高くなるといえます。都市銀行と銀行は外国為替手数料が大体同じくらいて、送金手数料は郵便局のほうが安めです。



シティバンクの外国為替手数料は、都市銀行の外国為替手数料よりも安く設定されています。銀行ごとに外国為替手数料には差が大きいので、海外送金をする時にはどの銀行を利用するか比較検討することが大事です。