整形後、整形バレしない方法とは

整形後、整形バレしない方法とは

af9920059426l

 

 

整形してせっかく綺麗になったのに、周囲への整形バレが怖くて憂鬱になってしまう。

 

整形をした人であれば誰でも頭を悩ませる問題です。
整形の方法や箇所にもよってバレやすい場合とそうでない場合はありますが、特に目の二重まぶた整形程度であればバレなかったという人も多くいるようです。
どんな整形でもまずは気になるのは腫れです。
一部のプチ整形であればほとんど腫れないケースもありますが、メスを使った切開による手術であれば腫れは2週間以上続き、さらに傷跡も目立ちます。
ですのでメスを使った整形であれば、最低でも2週間はダウンタイムとして人に会わない方がベターです。
しかし仕事等の関係上そういうわけにもいかないという人は、なるべく腫れを早くひかせるためのケアを行いましょう。
腫れは皮膚下の血流がよくなることで改善しますので、保冷剤と蒸しタオルなどを用い、交互に当てて血流を促進し、また痛みがなければ軽いマッサージも行うと効果的です。
それでもダメであればやはりメイクに頼るほかはありません。
まぶたであれば、アイシャドウで濃淡をつけることで腫れも幾分か目立たなくなりますし、整形による変化もメイクによるものと誤魔化せる場合があります。
その後もしばらく同じメイクを続けていれば、周囲も次第に見慣れてますます整形したとはわからなくなってくることでしょう。

 

 

♪♪♪ 整形当日のメイクについて ♪♪♪

 

“整形とは、外見を美しく整えるために施される外科手術のひとつの方法です。その人が抱えているコンプレックスを解消すると同時に、精神的にも前向きになれるなどのメリットが存在します。最近では整形に対する理解も高くなり、その意味では身近になったと言うことができます。
一方で、整形を受けた後はケアやメイクに注意しなければなりません。一般的には「ダウンタイム」という期間が存在しています。これは、施術を受けてから日常生活に戻るまでの時間のことを表します。この期間の間は、赤み・内出血・腫れと言った症状が出ることがあります。
これらの症状はメイクで隠すことが可能です。施術を受けた箇所にもよりますが、施術を受けた日からファンデーションやコンシーラーなどで肌色を調整できるクリニックも多数存在します。目元を施術し場合、ポイントメイクについては主治医の判断を仰ぎましょう。また、落ち着いてきてからは、アイメイクにポイントを置くと整形したことが分かり辛くなります。
ダウンタイムの期間や症状は、施術を受けた箇所によっても異なります。あらかじめ施術を受けるクリニックでカウンセリング時に確認しておいたり、長期休みなどにスケジュールを合わせておくことも大切なポイントです。